FC2ブログ

  • 2012年09月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2012年09月08日(土) 記事No.11
「許し」というと、中途半端に妥協するようなイメージがある。

実際、最近まで自分はそう思っていた。

ホントは白黒つけないといけないけど、

この辺で許してやろう---みたいな。

でも、そもそも許せないとは何だろう。

それは、自分がその人やその状況を受け入れられないということ。

その人やその状況を自分が拒絶しているということ。

だから、許せないと自分のなかに問題はあり続ける。

相手や状況は自分を映す鏡に過ぎない。

本当に許せれば、また、本当に許せた時にだけ、

問題は解消する。

では、なぜ冒頭に書いたようなイメージを「許し」に抱くのか?

それは、本当に許してないから。

ただし、本当の許しは簡単にできる。

そのノウハウが観念浄化だ。

興味のある方は、以下の無料PDFを読んでみて欲しい。

大好評の無料電子ブック「人生の創造主になる方法」

申込みはこちら
スポンサーサイト
未分類 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年09月06日(木) 記事No.10
仕事をしたくない。

誰でも一度は思うこと。

そんな時、

「そんなこと思ってはいけない」

「仕事をしなければいけない」

「仕事をしないと生きていけない」

という言葉が心の奥で聞こえてくる。

葛藤が生まれる。

こんな感じで心が苦しくなるのが普通だ。

そして、この心はなかなか晴れない。

その原因は、実は、この反応の中にある。

「仕事をしたくない」---という想念を、

分別心が押さえこもうとする。

この瞬間的な条件反射。

ここで、別のアプローチをとってみる。

「仕事をしたくない」---という想念を、

受け入れ、許すのだ。

「そんなことしたら、怠け者になってしまう」

「職を失って、路頭に迷うかもしれない」

こんな観念が出てくるだろう。

でも、いままで苦しみからの解放が、上手くいかなかったのだから、

この別のアプローチを試してみても、失うものはないはずだ。

一度、観念浄化で「仕事をしたくない」という自分を

受け入れた時、心はより穏やかになり、

以前より前向きになっている自分に気づく、

分別心で、自分を厳しくとがめていた時には、

消えなかった葛藤が消える。

「仕事をしたくない」という思いは、

受け入れた瞬間に、どうでも良くなる。

「仕事をしたい」もなければ、「仕事をしたくない」もない。

ゼロの状態。「空」の状態。

その時、最も自然な、仕事と自分の関係が見えてくる。

この観念浄化のテクニックは、誰でもすぐに、マスターできる。

興味のある方は、以下の無料PDFを読んで欲しい。

大好評の無料電子ブック「人生の創造主になる方法」

申込みはこちら
未分類 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。