FC2ブログ

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2012年10月27日(土) 記事No.13
勝海舟の言葉をまとめた「氷川清話」

うる憶えだが、その中に、生きるか死ぬかの場面の心得がある。

勝海舟は、そういう時には先ず「命を捨てる覚悟をすることが大事だ」と言っている。

生きるか死ぬかなら、先ず命を守ろうとするのが普通だろう。

でも、そうすると大抵命を落とすことになるらしい。

生きるか死ぬか。

これは自我がそう言っているに過ぎない。

生きるか死ぬか、という問題があると。

このことを見破った者だけが、

生き死にの修羅場をサバイバルできる。

少なくとも、その可能性が高まる。

これは、そうした修羅場が日常であった武士の知恵だ。

問題を定義して、課題を分析して、解決策をさぐる。

これは全て、自我ご用達のチープな方法論だ。

命を捨てる覚悟は究極のリラックス。

死ぬのが一番怖いのだから。

リラックスして問題を解消した者だけが、

問題を解決できる。

というか、そこにはもう問題はない。

問題解決ではなく、問題解消の方法にご興味があれば、

以下の無料PDFを読んでみてください。

“魔法の電子ブック”がインターネットで話題になってます!

今なら無料で読める「人生の創造主になる方法」


スポンサーサイト
未分類 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

 このページはnofollow指定がされているため、コメントによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

トラックバックURL



 このページはnofollow指定がされているため、トラックバックによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。